ビッグバナー広告

WordPressでping送信を設定する

ping送信

WordPressのping送信先設定方法をご紹介します。ping送信はアクセスアップやSEOに効果的と言われており、有料・無料のping送信サービスもあります。

また、「ping送信先」と検索すれば、ping送信先リストが多数見つかります。あと、有料・無料のping送信サービスもあるので、ついでに紹介します。

ping送信は実際のところ、その効果はよくわかっていませんが、おまじないとしてやっておいて損はありません。

スポンサーリンク
PC用

ping送信とは

ping送信とは、ブログなどの新着記事を集めているpingサーバーに、自分のブログやwebサイトが更新されましたよ~とお知らせすることです。

一度送信先を設定しておけば、後は記事更新のたびに自動で通知してくれます。

google や yahoo などのサーチエンジンは、常にクローラーが巡回しているので、何もしなくてもそのうち新しい記事を見つけてインデックスしてくれますが、ブログ検索やランキングサイトでは、自分からping送信しないと新しい記事はインデックスされません。

インデックスされないページはこの世に存在しないのと一緒で、検索しても結果に表示されることはありません。ですから、ping送信して、更新を知らせる必要があるのです。

ping送信でSEO対策、アクセスアップ?

では、ping送信すれば、SEO対策になったりアクセスアップにつながるのでしょうか。いわしの経験では何とも言えないというのが正直なところです。

少し古いですが、このような検証記事もあります。

http://www.jweb-seo.com/blog/wordpress/2008/03/28/180

ping送信によるアクセスアップ効果を検証 | パシのSEOブログ

いわしも以前からping送信でアクセスは増えないと思ってました。

でも、ブログランキングやブログ検証サイトでは、ping送信は必須です。このようなサイトは、ジャンルによってはかなりのアクセスが見込めます。

実際にいわしもお客さんにランキングサイトに登録してもらって、一気にアクセスが増えたという経験が何回もあります。

それ以外のping送信先は、はっきり言っておまじないみたいなものです。とはいえ、少しでもアクセスアップの可能性があるなら、やっておいて損はないと思います。

WordPressでping送信先を設定

では実際にWordPressでping送信先を設定してみましょう。まずはダッシュボードの左メニュー「設定」から「投稿設定」を選択。

ping送信先設定「投稿設定」から

一番下に「更新情報サービス」があるので、入力欄にping送信先のURLを入力していきます。

ping送信先入力

ping送信先は、とりあえずこの辺を入力しておけば間違いないでしょう。他にも、Google や yahoo で「ping送信先」と検索すれば、ping送信先リストが多数見つかります。

    http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
    http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
    http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
    http://rpc.pingomatic.com/
    http://rpc.reader.livedoor.com/ping
    http://ping.fc2.com/
    http://ping.bloggers.jp/rpc/
    http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
    http://ping.blogranking.net/
    http://ping.dendou.jp/
    http://ranking.kuruten.jp/ping

きちんと改行されているか確認してください。最後に「変更を保存」するのをお忘れなく。

リストならこんなとこもあります。英語圏の送信先は参考になると思いますが、実際に使えるかどうかはわかりません。さらにping送信先を増やしたいという方は検証してみてください。

http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

更新通知サービス – WordPress Codex 日本語版

あと、ブログランキング系サイトに登録している場合、ping送信は必須です。ping送信がないと、ランキングに新しい記事が反映されません。

http://www.blogmura.com/

にほんブログ村 – 人気ブログランキングとブログ検索

ブログランキング系のping送信先URLは、大抵登録されている場合のみ有効です。登録しているなら、送信先の設定を忘れないようにしてください。

先ほども言いましたが、ブログのジャンルによってはかなりの流入が見込めますから、登録してみるのも手ですね。ただ、ランキング上位になるかどうかは内容次第ですが・・・

ping送信サイト

pingサーバーはすぐ使えなくなることも多く、管理に結構手間がかかります。いちいちリストを検証するのが面倒であれば、ping送信サイトを使うという手もあります。

有料ping送信といえば、やっぱり PINGOO! でしょうか。いわしも昔使ってました。

月額525円を払えば、500件以上に配信してくれるとのことですが・・・配信先を見ると、PINGOO!のブログパーツのようなものがあって、そこに新着記事が表示されます。
新着記事のリンクは、PINGOO! からリダイレクトされて該当の記事に移行するので、被リンク効果は?です。実際に使っている方の感想を聞いてみたいです。

http://pingoo.jp/

Ping送信サービス|PINGOO!(ピングー)-リアルタイムに伝わる環境をみなさまへ-

こちらは160以上のサイトに無料でpingを送信してくれます。

でも、更新のたびにURLを手動で入力しないといけないんですよねぇ・・・自分の記事紹介ページもありますが、ここのリンクは nofollow なのであまり意味はありません。

http://www.feedping.net/

PING送信! 無料で160以上のサイトにPINGを送信【 FeedPing.net 】

無料Ping送信サービスなら、PINGZONEってのもあります。こちらはfollowリンクがもらえて、会員登録すれば送信履歴も管理できます。

http://www.pingzone.jp/

Ping送信ならPINGZONE – ブログやサイトも無料で一括送信!

PINGOO! や PINGZONE も、使用時は WordPress 側でのping送信設定が必須です。こちらもping送信設定を忘れないようにしてください。

WordPress ping Optimizer ping送信プラグイン

WordPressには、ping送信用のプラグインもあります。ゆめぴょんさんが WordPress で ping送信をする際のプラグイン使用例やポイントを記事にされています。

http://wispyon.com/16/

【WordPress】ブログ更新を伝えるPing設定を改善する2つのプラグイン – ゆめぴょんの知恵

WordPressの「更新情報サービス」は、記事を更新するたびにpingを送信するのですが、何回もping送信が繰り返されるとスパム扱いになってしまうので、ping送信を管理するプラグインが必要になります。

あと、ping送信の結果や履歴の管理もプラグインがあれば便利です。

いわしは更新通知で最優先すべき Google には、ウェブマスターツールを使って更新を通知しているので、おそらくping送信をする必要はありません。

他の更新情報も、ping送信サイトを使えば、WordPress側で管理するping送信先はかなり減らせます。でも、ブログランキングサイトはping送信を設定しないと記事の更新が反映されないので、これは自分で設定する必要があります。

どこから、どんな方法でpingを送信するかは、状況に応じて使い分ける必要があります。pingをいろいろと試して自分なりの方法を探してみてください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする

コメント

  1. […] 「ウィンドミル いわしブログ」さんの「WordPressでping送信を設定する」 […]

  2. […] 【ウィンドミル いわしブログ】 WordPressでping送信を設定する […]

  3. WordPressで作ったブログがブログ村の投稿記事に反映されないのでPingを設定した より:

    […] 参考WordPressでping送信を設定する […]