ビッグバナー広告

WordPressのサーバー移行用バックアップをBackWPupで作成

BackWPup

先日、いわしブログのサーバーをmixhostに移行したのですが、サーバー移行時に必要なバックアップデータは、WordPressのバックアップ用プラグイン「BackWPup」で作成しました。

BackWPupはバックアップデータの作成だけでなく、サーバーの移行にも使えます。

スポンサーリンク
PC用

サーバー移行にも使える「BackWPup」

BackWPup はWordPressの復旧に必要なファイル一式とデータベースを定期的にバックアップしてくれる優れたプラグインです。

トラブルが発生してサーバーのデータがすべて消えてしまったり、WordPressがうまく動作しなくなった時でも、BackWPupでバックアップを作成しておけば復旧させることができます。

もちろん、このバックアップデータはサーバー移行にも使えます。

WordPressには All-in-One WP Migration や Duplicator などのサーバー移行用バックアップ作成プラグインがありますが、BackWPup でもそれが可能です。

ブログは以前からBackWPupで定期的にバックアップしていたのですが、今回のサーバー移行ではそのバックアップデータを使わず、移行先のmixhostには不必要なキャッシュプラグインを除外したり、インストール済みのプラグインを見直すなどで、一からサーバー移行用のバックアップデータを作り直しました。

BackWPupは決められたスケジュール以外でも、その場でバックアップ作成のジョブを実行することができるので、設定見直し後のバックアップがすぐ作成できます。

バックアップ作成の前に

WordPressでバックアップを作成する前にやっておきたいことが2つあります。データベースの最適化とプラグインの整理です。

WordPressでは投稿した文章等をデータベースに保存していますが、データベースのサイズは使い続けるうちにどんどん大きくなります。その原因となるリビジョン機能はとても便利ですが、たまに古いリビジョンを掃除しないと、データベースが肥大化してページ表示速度低下の原因となります。

可能であれば、バックアップ設定に入る前に古いリビジョンを削除するなどして、データベースを最適化しておいてください。

いわしブログでは、自動的にリビジョンを削除して保存数を減らし、データベースを最適化してくれるプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」を使っています。

投稿数やページ数の多いサイトでリビジョンを削除すると、データベースのサイズをかなり削減できます。一例ですが、とあるサイトでこのプラグインを使ったところ、データベースのサイズを60%も減らすことができました。

あとはプラグインも整理しておきましょう。この際に一度プラグインを見直して、不必要なプラグインや重いプラグインは、あらかじめ削除してからバックアップを作成します。

いわしブログをmixhostに移行したときは、トラブルを避けるためにキャッシュプラグインを削除して、きちんと動作することを確認してからバックアップを作成しました。mixhostには「LiteSpeed Cache」という優れたキャッシュプラグインがあるので、今まで使っていたキャッシュプラグインは不要になります。

BackWPup インストール

ではBackWPupを使ってバックアップを作成してみましょう。今回はサーバー移行用のバックアップを作成するだけなので、スケジュール等の設定は行いません。

BackWPupをお使いでない方は、まずプラグインをインストールしてください。左メニューのプラグインから「新規追加」→ 検索窓で「backwpup」と入力すると見つかるので、「今すぐインストール」をクリックします。

BackWPup WordPressプラグイン

プラグインを有効化すると、BackWPupのダッシュボードが表示されます。さっそく左メニューのBackWPupから「新規ジョブを追加」に進み、バックアップ項目を設定していきましょう。

BackWPup 新規ジョブを追加

BackWPup 一般設定

ではバックアップの設定に移ります。まずは「このジョブの名前」で適当な名前をつけてください。

次のジョブタスクで「このジョブは…」の以下3箇所にチェックを入れます。XMLエクスポートとデータベーステーブルのチェックは不要です。アーカイブ名はデフォルトのままでよいでしょう。

  • データベースのバックアップ
  • ファイルのバックアップ
  • インストール済みプラグインリスト

BackWPup 新規ジョブ

続いて「アーカイブ形式」ですが、解凍できるなら何でもOKです。windowsユーザーの方は「Zip」に、マックユーザーの方は「Tar GZip」にチェックを入れておけばよいでしょう。

「バックアップファイルの保存方法」はいろいろ選択できますが、今回はサーバー内にバックアップ用フォルダを作成するので「フォルダにバックアップ」にチェックを入れます。

ログの送信先メールはWordPressの一般設定と同じメールアドレスが指定されます。ここはそのままでOKです。あとは「変更を保存」をクリックして、次の「DB バックアップ」に移ります。「スケジュール」はひとまず飛ばして下さい。

BackWPup 新規ジョブ

BackWPup データベースのバックアップ設定

「バックアップするテーブル」は「すべて」を選択します。プラグインの中にはデータベースにプラグイン情報を保存するものがあり、WordPressのテーブル数はウェブサイトやブログによってそれぞれ違います。テーブルはとりあえず全て保存しておきましょう。

「バックアップファイル名」はそのまま、「バックアップファイルの圧縮」は「GZip」を選択すると、バックアップデータの容量が圧縮されるので、こちらを選択しましょう。

BackWPup データベースのバックアップ設定

BackWPup バックアップするフォルダー

ここでバックアップ設定するフォルダは大きく分けて5つあります。

  • ルートフォルダにあるWordPress本体と関連フォルダー
  • コンテンツフォルダのバックアップ
  • プラグインのバックアップ
  • テーマのバックアップ
  • アップロードフォルダのバックアップ

ここはすべてデフォルトのままでOKです。バックアップから除外すべきキャッシュやBackWPup関連のファイルには最初からチェックが入っています。あとは未使用のテーマもバックアップ対象から除外してもいいでしょう。

BackWPup バックアップするフォルダー

先ほどのデータベースに続き、ここにもプラグインと関連するフォルダーがたくさん出てきます。不用意にチェックを入れると、移行先のサーバーでWordPressがきちんと動作しない可能性があります。

トラブルを防止するため、移行先サーバーで使用しないプラグインは、ここで除外のチェックを入れるのではなく、あらかじめプラグインを削除してからバックアップ設定してください。

残りの項目はそのままでOKです。下の「変更を保存」をクリックしてください。

BackWPup バックアップするフォルダー

WordPressと関連のない外部ファイルをサイト内で使用している場合は、「バックアップするその他のフォルダ」に記載しておくと一緒にバックアップしてくれます。フォルダ名は絶対パスで指定し、複数の場合は改行またはカンマで区切ります。

BackWPup バックアップ保存先

最後にバックアップを格納するフォルダーの選択ですが、プラグイン側で自動的にフォルダーを作成してくれるので、そのままでOKです。保存ファイルの数もとりあえずそのままで、下の「変更を保存」をクリックしてください。

BackWPup バックアップ設定

これでバックアップを作成する準備が整いました。左メニューのBackWPup →「ジョブ」で設定したジョブの概要を見ることができます。ここから「今すぐ実行」でバックアップを作成します。

BackWPup ジョブ一覧

しばらく待つとバックアップ作成ジョブが完了します。

BackWPup ジョブ完了

「ログを表示」でバックアップ作業のログを確認することもできます。

BackWPup バックアップログ

あとは作成したバックアップをダウンロードしましょう。左メニューの「バックアップ」でアーカイブ管理に移動して、作成したバックアップの「ダウンロード」をクリックしてください。

BackWPup バックアップダウンロード

保存場所を指定してPCにダウンロードします。

BackWPup バックアップダウンロード

こんな感じでバックアップが作成されました。サーバー移行の際は、いくつかのファイルを除いてそのまま移行先のサーバーにアップロードします。

「.sql」のファイルはデータベースなので、サーバーにアップロードせず、別途データベース管理ツールからインポートします。あとは BackWPup が作成したプラグインリストやreadmeなども除外してください。

BackWPup バックアップデータ

サイトやブログの運営にはトラブルがつきものです。2012年にファーストサーバでデータ全消失という事件もありました。まさかの時に備えて、WordPressデータは必ずバックアップしておいてください。

実際のサーバー移行はこちらの記事を参考にしてください。先日 mixhost にサーバー移行した時の作業をまとめています。もちろん、移行用のバックアップデータは BackWPup で作成しました。

BackWPup でバックアップを自動化

BackWPup は単なるバックアップ作成ツールではありません。スケジュールや保存方法を設定することで、もっと便利な使い方ができます。

BackWPup でバックアップ作成のスケジュールを設定すると、定期的なバックアップを自動化することができます。さらにDropboxなどの外部ストレージサービスを組み合わせて、バックアップを外部に保存できるようにすれば、サーバーからダウンロードする手間も省けます。

以下の記事でその方法を紹介しています。こちらもぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする