ビッグバナー広告

水墨画家 篠原貴之 ネット水墨画塾がスタート

水墨画家篠原貴之 ネット水墨画塾

水墨画家 篠原貴之氏のネット水墨画塾がスタートしました。以前公開した動画はテストバージョンでしたが、今回からは本番です。

記念すべき第一回目のお題は「墨色の作り方 1 」です。もちろん、撮影や編集はいわしが担当してます。

一見単調に見える水墨画ですが、実はとても高度な技法によって表現されています。その技法がうまく伝わっているでしょうか・・・

スポンサーリンク
PC用

水墨画の魅力 墨色の美しいグラデーション

篠原貴之水墨画塾 グラデーションの表現

水墨画の魅力は墨色の美しいグラデーションにあります。

水墨画を描くときは当然墨と筆を使うのですが、その際、筆の中に含まれる墨を調整することを「調墨」と言うそうです。調墨によって墨色を切れ目なく変化させることで、水墨画独特のグラデーションを表現しています。

いわしはド素人なので「墨の色なんて黒一色しかないやろぉ~」と思うのですが、水墨画は墨だけしか使っていないにもかかわらず、あれだけ豊かな表現ができるのです。当然ながら、水墨画にはそのための技法が存在しています。

さて、水墨画のグラデーションを表現するためには、筆の中に含ませた墨でグラデーションを作る方法­と、筆の流れや動きでグラデーションを作る方法の2種類あるそうです。

筆に含ませた水と墨の混ざり具合でグラデーションを表現するんですね。自分が思った通りの墨色を出すためには、かなりの経験が必要なんだろうと思います。

もう一つの方法、筆さばきによるグラデーションも動画の中で実際にデモをされてますが、これだって筆使いに慣れていればこその技法なのでしょう。

不自由さこそが水墨画の魅力

水墨画家 篠原貴之 京都広沢池
今回の動画の中で、篠原氏が水墨画の魅力について語っているシーンがあります。

一般的な絵画と違い、水墨画は絵の具のようにいろんな色を用意して描くことはできません。また、水墨画は筆の流れを途中で切ることもできません。

水墨画にはいろいろな制約がありますが、その不自由さこそが水墨画の魅力なのだそうです。

水墨画家 篠原貴之 男の肖像ー聴こえるかー

不自由であるがゆえの豊かな表現・・・上の広沢池の風景や肖像画も、そういう観点で見ると面白いですね。いわしには絵心はありませんが、篠原氏の水墨画塾を見て、水墨画の奥深さに少しだけ触れることができたような気がします。

前回公開した水墨画塾の動画はこちらをご覧ください。篠原氏が主催する水墨画塾で、デモンストレーションとして伊吹山を描いているシーンを撮影しました。

篠原貴之氏のHPはこちらです。篠原氏の作品は、HPやブログで見ることが出来ますよ。

http://www.shinoharatakayuki.jp/

TAKAYUKI SHINOHARA Official Homepage

篠原貴之氏の水墨画塾は、阪急西京極駅から徒歩5分のアトリエにあります。興味のある方は一度問い合わせてみてください。

http://shinoharatakayuki.jp/web/suibokuga-school

篠原貴之水墨画塾 | 篠原貴之 Official Site

水墨画家 篠原貴之 youtubeチャンネル

水墨画家 篠原貴之 youtubeチャンネルはこちらです。過去の「篠原貴之 水墨画塾」はこちらからご覧になれます。

https://www.youtube.com/channel/UCSvvrr4xjemsZu27Czs907A

篠原貴之 – YouTube

「篠原貴之 水墨画塾」はすべてフルHDで製作しています。ぜひ全画面表示+1080pの表示でご覧ください。

スポンサーリンク
PC用
PC用

フォローする